07 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< MacBook発売で改めてAppleという選択肢を考える | main | 誰も話題にしないOSの価格 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.04.09 Monday | - | - | -
Windows Vista Upgrade Advisor beta 提供開始
WindowsVistaUpgradeAdvisorbeta

 Windows Vista Upgrade Advisor (beta版) というツールが発表されました。

 いよいよ、Windows Vista が秒読み段階に入ったようです。
Windows Vista: Get Ready(英語サイト)

 これは、自分の持っているパソコンで Windows Vista が動くかどうか検証するためのツールです。現在は英語版でβ版になっていますが、早々に日本語の正式版が出ると思われます。(2006年5月20日時点では未発表)

 上記のサイトでは Advisor のツール以外にも、Windows Vista が動作する条件が示されています。英語の文章なので日本語に訳してみます。

◆Windows Vista (Home Basic) が動作する最低条件
・最新のCPU (800MHz 以上)
・512 MB のメモリ
・DirectX 9 が動作するグラフィックプロセッサー

◆Windows Vista Premium が動作する最低条件
・1GHz のCPU(32-bit (x86) or 64-bit (x64))
・1GB のメモリ
・Windows Aero2 が動作するグラフィックプロセッサー
・128MB のグラフィックメモリ
・40GB HDD(要15GBの空き容量)
・DVD-ROM ドライブ
・要音声出力
・要インターネット環境


 早速ですが、Windows Vista Upgrade Advisor beta を試してみましょう!
 ちなみに、このAdvisor ツールは、WindowsXP専用です。
※Windows2000ではエラーが出てインストール自体ができませんでした。

 難易度:下 楽しい

●Windows Vista Upgrade Advisor beta を試す

 ステップは、4段階に別れています。
1.Scan System (システムのスキャン)
2.Feature Selection (チェックする項目の確認)
3.Hardware Assessment (ハードウェア診断)
4.Software Assessment (ソフトウェア診断)


 今回は手持ちのWindowsXPパソコン、SOTEC WM353Lで試してみたいと思います。
WM353L
低価格B5ノートPC。768MBにメモリ増設済み。無線の感度が悪いのが欠点。

 第2ステップの段階でいくつかの項目にチェックボックスを入れます。
 デフォルトでは、Home Basic の構成だけにチェックが入っています。
 ちなみに Windows Vista には以下の3種類のバージョンがあります。
・Windows Vista Home Basic
・Windows Vista Home Premium
・Windows Vista Ultimate


 今回は、SOTEC WM353Lでは動かないと分かっている Vista Premium の構成で調べてみます。楽しい

 そのまま第3ステップに進むと、以下のような警告が出ます。
VistaReady02
悪いけどWindows Vista はインストールできないよ。ハードウェアをアップグレードしてね。

 どうやらWindowsXPに対して、Windows Vista をアップグレードインストールすることを前提にチェックしているようで、HDDの空き容量が足りないことに警告が発せられています。
 ちなみに、Home Basic の構成でチェックしても、全く同じメッセージが出ます。

 その下の方を見ていくと、以下のような警告が出ています。(Premium構成)
VistaReady03a
Aero グラフィックを利用するには、グラフィックアダプターをアップデートしてね。
→もちろんノートパソコンなので、グラフィック機能はアップデートできません。悲しい


 最後の第4ステップの段階では、ソフトウェア診断が行われます。ただ実際は搭載されているハードウェア機能に対して、デバイスドライバが適切かどうかを診断しています。

VistaReady04
Premium の構成で診断しても、なぜか、Intel 82852/82855 GM/GME が "No action required"(問題なし)になります。このツールが英語版のためかβ版のためか、いくつか文字化けを起こしています。

 こちらの画面には出てきていませんが、上のほうでは、いくつかのデバイスドライバーが "Contact the manufacturer" (メーカーにドライバーの提供を確認してね)になります。

 結論から言うと、SOTEC WM353Lでは当然ながら、Windows Vista Premium は動きません。ただ Home Basic はテストをパスしたようで、デバイスドライバさえ提供されればインストールできるようです。
 もちろん、そのためにはHDDの空き容量を頑張って15GB以上開けないといけませんが。しょんぼり

●[本丸] Vista Preminum with Aero グラフィックを斬る!
 さて、今回は Advisor ツールの記事で長くなってしまいましたが、本当の最重要チェックポイントは Vista Premium (+Aero グラフィック) の動作環境が発表されたことです。

 もう一度振り返って、Premium の動作環境を確認してみましょう。
 手短に行きます。

◆Windows Vista Premium が動作する最低条件

・1GHz のCPU(32-bit (x86) or 64-bit (x64))
 まぁ、最近では 1GHz以上のCPUは当たり前なのでいいでしょう。

・1GB のメモリ
 なんと要1GBのメモリです。現在のPC環境では、1GBのメモリを積んでいる人はほとんどみかけませんね。要増設と言うわけです。
 しかし、ここのポイントとしては「メモリを買ってきて追加すればいいんでしょ?」というところではありません。もちろん、出費がかさむという話でもありません。
 メモリを増設できるかどうか?という、かなりネガティブな問題なのです。
 つまり自作パソコンであれば通常メモリースロットは4つありますから追加できます。
 しかし、メーカー製のパソコンのほとんどがメモリースロットは2つです。
 ここ大事です。
 つまり現在メモリを増設している人は、空きスロットが塞がっている場合があり、その時は、1GBにするために今差し込まれているメモリを取り外す必要が出てくる場合があるのです。ちょっともったいない話です。しょんぼり

・Windows Aero2 が動作するグラフィックプロセッサー
 これは非常に逆説的な発表です。Premium を使いたい人は、Aero グラフィックを動かしてみたいからなのに、その動作条件がこれです。
 まぁ、これはグラフィックカードメーカーのATIやnVidia、もしくは各PCメーカーが「このグラフィックチップではAeroグラフィックが動きます」と発表してください、という程度の意味なんでしょう。

・128MB のグラフィックメモリ
 さてさて、これが曲者です。最新のグラフィックボードであれば、128MB積んでいる場合が多いですが、2世代ほど前の廉価版のグラフィックボードでは、グラフィックメモリが64MBというのは当たり前の世界です。
 簡単に言えば、グラフィックボードを交換してね、という意味合いが強いです。なぜなら、グラフィックメモリはあとから増設できないからです。
 メーカー製のパソコンの場合、ここが致命的なポイントになるかもしれません。

 次の3つは省略します。
 そして、最後に大物の条件が出てきました。

・要インターネット環境
 これ、分かりやすく説明しますと「インターネット環境がなければ、Windows Vista Premium をインストールしちゃだめよ」と言っているのとほぼ同義です。
 スタンドアローン(ネットレス環境)ではお使いいただけません、という宣言は過去にも類がありません。英語では"Internet access capability."という表現です。"necessary" と言わないだけマシでしょうか。
 実はこれ、結構深い意味があることを、皆さんご存知でしょうか?

 これは「ネットレス環境を締め出している」のではなく「ネットアクセスがどうしても必要なワケ」があるのです。

 勘の良い人は気づくのではないでしょうか?

 つまり、初期出荷直後の Windows Vista Premium に対して、Windows Update が必須だということです。
 もう少し分かりやすく説明しますね。
 「Windows Update を実行して Vista をアップデートしないと、初期出荷状態の Vista では安定性の保証が出来ません」と言っているのと同義かと、私は思っています。
 あながち穿った考えでもなく、Vistaの最初のリリースに間に合わなかった機能などは、Windows Updateで提供する予定があるからです。
 そうすると、WindowsUpdateが必須、つまり、インターネット環境が必須と言いたくなる気持ちも分かりますね。

●さて、Windows Vista 、あなたならどうしますか?
 非常に厳しい条件を突きつけているVistaですが、現在WindowsXPパソコンを使っている人たちはどうすればいいのでしょうか?
 もちろん、Windows Vista Home Basic なら、特に問題なく使うことが出来るでしょう。しかし、Aero グラフィックがメインである Windows Vista で、それが表示できないOSに価値を見出すことが出来るでしょうか?

 一昔を振り返ってみます。
 WindowsMeから、WindowsXPへ世代交代した時期です。
 そうすると、自ずと結果は見えてくると思います。
 あの頃、皆さんはどうしましたか?

 そうです、結局はWindows Vista が動く最新のパソコンに買い換えることになるわけです。
 もし買い換えるとしても、それはすぐ来年初旬の頃のことではないでしょう。
 ひょっとしたら、2008年頃のお話になるかもしれませんよ。ショック

Windows Vista、さらに3カ月の遅れも
 Upgrade Advisor ツールを出して、Vistaの発売が秒読み段階に入ったように見せかけていますが・・・。

 がんばれ、Vista!
 間に合うのか、Vista!

 期待してますよ! ホントに。楽しい

パソコン
スポンサーサイト
2012.04.09 Monday 22:41 | - | - | -
コメント
Pcprange様、はじめまして。

Vistaのbeta版ついにでましたねえ。必要スペックはどれぐらいになるだろうかと考えていましたが、Vista Premiumの実用レベルでメモリ1Gというのは凄いですね。

このOSをgame以外のどういうセールスポイントで売るのかは不明ですね・・・(もしかして「テレビが快適に見れる!」とか「GUIが3Dで次世代的!」みたいな感じで売ってしまうのかも?)
Pcprange様はVistaをインストールした場合、どのような用途で利用しようと考えていらっしゃいますか?
ウルフィー | 2006.05.21 Sun 17:21
 Vistaのセールスポイントがゲームとは初耳でした。
 おそらく、Media Center と XBOX360 との連携の事かと思います。
 実際のVistaの宣伝になったら、マイクロソフトはイメージ戦略でくると思いますので、特にゲームだけをフィーチャーすることは無いと思いますよ。

 私は、Vistaを購入した際には、いろいろ使い倒してみようと思っています。
 今現在で何かの用途に限定して考えていることはありません。
PCオレンジ 長尾 | 2006.05.22 Mon 21:43
これだけ、動作環境がすごいと、早くVistaを拝見してみたくなりますね。
友人が、今の時期にPCの購入を考えています。
購入アドバイス役に、抜擢されているため、
購入タイミングが気になります。
どうなんでしょうか〜。(損?得?かわらない?)
(ちなみに友人は、PC音痴の上級者レベルです)
tomapipi | 2006.05.23 Tue 15:42
 「すぐ買っても大丈夫」と言いたいところですが、状況次第ですね。
 相手の方が「PC音痴の上級者レベル?」というちょっと返答に困る方ですので、以下のポイントを考慮して検討してみてください。

1.資金はいくらですか?
2.有名メーカー製のパソコンを購入予定ですか?
3.PC購入の動機はなんですか?

 (1)
 資金が少ない場合は、明日にでも買ってもいいと思います。
 Vista がインストールできるようにアップグレード可能な状態でいれば、後々Vistaに変更したいと思ってもそれが可能です。
 例えば、メモリスロットは最低1つは空きの状態で、グラフィックボードを増設できるパソコンが、ターゲットになります。

 (2)
 有名メーカー製のパソコンを買う場合は問題です。
 Vistaの発売が近づく秋冬モデルのパソコンは、Vistaへの優待アップグレードが可能な機種が出てきます。これは、Windows Vista アップグレード版OSを安く手に入れられるクーポンなどがパソコンに付いてきます。
 ただし、優待アップグレードが行われるのかどうかは、はっきり確証が持てませんので、待ってみて損をしたということがあるかもしれません。
 Vista へのアップグレードに興味があるのであれば、秋冬モデルが発表されるまで待った方がいいかもしれません。

 (3)
 購入動機が一番大事です。
 今現在使っているパソコンが壊れた、といった状態であれば、すぐに新しいパソコンを購入してもいいと思います。
 Vistaの発売は、来年の1月です。まだ、半年以上先です。もしかしたら、3月までずれ込むかもしれません。そうしたら、ほぼ1年後になってしまいます。それまで待ってられますか?

 その人が今現在使っているパソコンの機種が分かれば、もう少し詳しいアドバイスが可能だと思います。
 ただパソコンは「欲しい時が買いどき」であることは間違いありません。

 よろしければ、PCオレンジのホームページからメールを送っていただければ、詳細なお話が出来るかと思います。

 案外、MacBookなどがいいかもしれませんよ。^^

 ご検討のほど、よろしくお願いします。
PCオレンジ 長尾 | 2006.05.23 Tue 20:14
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://pcorange.jugem.jp/trackback/32
トラックバック
PCオレンジへ行く
カテゴリー
最近の記事
このブログ内を検索
Archives
Links
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コメント
  • Linuxサーバーで home を拡張(交換)する方法
    タロウ (09/24)
  • [ .htaccess ] ファイル設置トラブル解決
    あざらし (06/14)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    えむけい (03/30)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    えむけい (03/30)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    かる (03/27)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    exth (12/01)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    ねまる (07/01)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    n_iason2 (05/15)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    亀 (02/16)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    ぽっぽ (01/21)

Trackback