07 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 「コンピューターは最近更新されました。」って言われても・・・ | main | CentOS の yum update エラー対処法(メモ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.04.09 Monday | - | - | -
Run PC-cillin Internet Security の削除
JUGEMテーマ:パソコン

PC-cillinIcon

 ウィルスバスターの試用版などを使用していて、使用期限が切れてアンインストールしたとします。
 その後、別のウィルススキャンソフトなどを使っていて、ふと気がつくと、コントロールパネルに [ Run PC-cillin Internet Security ] が残っている場合があります。

 どういう工程を経るとコントロールパネルに残るのかは分かりません。
 私の場合は、マカフィー・トータルプロテクション2009 [ McAfee Total Protection 2009 ] (試用版)を使っていたらコントロールパネルに前述の [ Run PC-cillin Internet Security ] が残っていました。
 私の記憶が確かなら、マカフィー・トータルプロテクション2009 をインストールする前にちゃんとウィルスバスター2009をアンインストールしたはずなんですが・・・。

コンパネアイコン
コントロールパネルに残った [ Run PC-cillin Internet Security ] アイコン。
プログラムの追加と削除には存在しない。


 いくつか情報をインターネットで調べてみたけれど、いつものように確かな情報がありませんでした。
 見つかったブログの記事中には、トレンドマイクロの削除ツールを使う方法が書いてありました。

ウイルスバスター2008 アンインストールツールの使用方法について(リンク)
ウイルスバスターアンインストールツールの使用方法について(リンク)

 これで解決しそうですが・・・、実はこれでは前述の [ Run PC-cillin Internet Security ] アイコンは消えてくれません。

 そもそも、上記のアンインストールツールは、ウィルスバスター2008のアンインストールと、ウィルスバスター2007/2006のアンインストールツールです。

 今回消えなかったのは、ウィルスバスター2009ですから、2008や2007/2006のアンインストールツールではアイコンが消えなくても当然です。

 そこで、先ほどのリンク先であるトレンドマイクロサポートページからQ&A検索をしてみますが、欲しい情報が出てきません。
 出てくるのは下記の様な、インストール済みの場合だけのようです。

サポートツールを使ってウイルスバスター2009をアンインストールするにはどうすればよいですか(リンク)


 さて、それではどうすればいいのでしょうか。

 少々面倒ですが、 [ Run PC-cillin Internet Security ] を消す方法はあります。
 もう一度ウィルスバスター2009をインストールするわけではありません。
 ただ、少々面倒な作業を経て削除することが出来ます。

 それでは、実際の手順を見てみましょう。


■ [ Run PC-cillin Internet Security ] を消すには・・・。

 それは、ウィルスバスター2009のインストール手前まで実行することで、アンインストールツールを実行できるようになるのです。
 ね、少々面倒でしょ?


 まず、ウイルスバスター2009 30日無料体験版 のページから、ウイルスバスター2009 30日無料体験版 をダウンロードします。(※ウィルスバスター2010が発売された後は、上記のリンク先はなくなっているかもしれませんが・・・)

 ダウンロードされるファイルは、[ TrendMicro_Downloader_200903.exe ] というファイルになります。
 今回こちらで実行したのは以前ダウンロードしていた [ TrendMicro_Downloader_200901.exe ] でしたが、おそらく今回使用するアンインストールツールは同じものだと思います。

 このダウンロードしたプログラムはそのままウィルスバスター2009をインストールするものではなく、次のステップを踏みます。
[1] TrendMicro_Downloader_200903.exe を実行する。
[2] インターネットから、ウィルスバスター2009に必要な圧縮データをダウンロードする。
[3] ダウンロードした圧縮データを自動的に解凍する。
[4] 解凍されたファイルから、ウィルスバスター2009のセットアップが実行される。
[5] ウィルスバスター2009がインストールされる。


 この流れ中で必要になるファイルは、[3] で解凍されたファイル達です。

 実際に手順を見てみましょう。

[1]
ウィルスバスター2009ダウンロードアイコン
< ダウンロードした [ TrendMicro_Downloader_200903.exe] をダブルクリック >

[2]
ウィルスバスター2009daunnro-do
< インターネットからセットアップファイルのダウンロードが始まります。>

[3]
ウィルスバスター2009セットアップ1
< ダウンロードした圧縮データが自動的に解凍されます。>

[4]
ウィルスバスター2009セットアップ2
< インストーラが実行されますが、ここで [ キャンセル ] をクリックする。>

ウィルスバスター2009セットアップ3
< インストールの中断画面で、[ 完了 ] をクリック。>

ウィルスバスター2009セットアップ4
< 中止の確認画面では、[ はい ] を押すと画面が戻ります。>

 と、[4] の段階でキャンセルすると、[ TrendMicro_TIS17.10_T_TMOS_32bit_200903.exe ] という [2] でダウンロードされたファイルと、その後解凍された [ TrendMicro_TIS17.10_T_TMOS_32bit_200903 ] が出来ているはずです。

ウィルスバスター2009セットアップexe  ウィルスバスター2009セットアップフォルダ

 その出来上がったフォルダの中に、[ Tools ] フォルダがあり、その中に [ 32bit ] フォルダがあります。

 [ TrendMicro_TIS17.10_T_TMOS_32bit_200903 ]
 → [ Tools ]
  → [ 32bit ]
   → [ TISTOOL.exe ]

TISTOOLS
< これが待望のウィルスバスター2009アンインストールツール >

 早速実行します。

サポートツール1
< [ [B] アンインストール ] から、[ 1.アンインストール ] をクリックする。>

サポートツール2
< そのまま [ アンインストール ] をクリック >

サポートツール3
< 自動的にアンインストールが実行されます。>

サポートツール4
< [ はい ] をクリックして、再起動する >

 これで再起動後には、コントロールパネル
にあった [ Run PC-cillin Internet Security ] が綺麗さっぱり消えていました。

 と、ここまで書いてふと気がつきました。
 アンインストールを実行するサポートツールである [ TISTOOL.exe ] のファイル名で先ほどのトレンドマイクロサポートページから検索をかけてみたらどうだろうと思い立ちました。

サポートツールを使ってウイルスバスター旧製品をアンインストールするにはどのようにすればよいでしょうか(リンク)

 普通に手順が書いてありました。
 たが画像が無いので、この記事も参考になるかな。

 とはいえ、ウィルスバスターは(一見)普通に削除されており、「プログラムの追加と削除」にも項目が存在しないが、コントロールパネルにだけ [ Run PC-cillin Internet Security ] が存在している症状については触れていないので、この記事も十分参考になったと思いますが、どうでしょうか。

スポンサーサイト
2012.04.09 Monday 16:34 | - | - | -
コメント
バスターを削除したところ、コントロールパネルにアイコンが残り、困ってました。
おかげで、消すことが出来ました。
ありがとうございました。


松 | 2009.08.07 Fri 00:28
参考になってよかったです。
最近は、Nortonなどもアンインストールツールを配布しているので、ウィルスバスターもこのTISTOOLSだけで配布して欲しいものですね。
PCオレンジ 長尾 | 2009.08.07 Fri 02:42
2009より前のバージョンでしたが
TISTOOL.exeの
< [ [B] アンインストール ] から、[ 1.アンインストール ] をクリックする。>→<ウイルスバスター2009>→< そのまま [ アンインストール ] をクリック >
でコンパネのアイコンがきれいさっぱり消えました。
再起動もしなくて大丈夫でした。

わかりやすい解説をありがとうございました。
Jo | 2010.01.10 Sun 00:46
>Joさん

解決してよかったです。
画像をたくさんつけた甲斐がありました。(^-^)
PCオレンジ 長尾 | 2010.01.10 Sun 01:41
¥windows¥system32の中の、UfWsc.cplというファイルがそれに
該当するようですので。直接そこに入って削除してしまえばもっと簡単です。
j | 2010.02.10 Wed 20:00
とても参考になりました。ありがとうございました。記事どおりやってみたところうまく削除できました。ウイルス対策ソフトを乗り換えた後もなんで残ってるんだろうなあと思っていましたが、そういうことだったんですか。ちなみに私の場合は、2010版でやるとうまくいかず、2009版で行ったらうまくいきました。参考までに報告します。
たぬロー | 2010.03.14 Sun 22:42
おかげさまで消せました、ありがとうございます。
私はマイコンピュータからローカルディスクへ、次にウィンドウズ、¥windows¥system32の中の、UfWsc.cplの順にたどりつき削除しました。
captain99 | 2011.01.03 Mon 08:30
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://pcorange.jugem.jp/trackback/74
トラックバック
PCオレンジへ行く
カテゴリー
最近の記事
このブログ内を検索
Archives
Links
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コメント
  • Linuxサーバーで home を拡張(交換)する方法
    タロウ (09/24)
  • [ .htaccess ] ファイル設置トラブル解決
    あざらし (06/14)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    えむけい (03/30)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    えむけい (03/30)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    かる (03/27)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    exth (12/01)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    ねまる (07/01)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    n_iason2 (05/15)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    亀 (02/16)
  • Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法
    ぽっぽ (01/21)

Trackback